--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.02.15

◆H27年2月14日 アメブロに引っ越しました!

アメブロにお引っ越しをしました。

アメブロはコチラです♪

引き続きハンドメイドと国語の教室日記の応援 よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
Posted at 13:55 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2015.02.12

◆中高生・論理クラスの成果

国語教室 中高生の論理クラスの生徒さんから、嬉しい報告がありました。


Aさん  先生 、 わたし スゴイですよ!
     塾の国語のテストで 90点とりました!
     すごく嬉しい。またがんばろうってヤル気になります。

Bくん  実力テストの結果が出ました。学年◯位(1ケタ)でした。
     ここに来る前は、国語のテストの本文も全部読まず
     カンで解いていたけど、今ではまったくちがいます。

Cさん  2学期の国語の内申点、最高に良かったです。
 


みんな 昨年4月に開講した「論理クラス」の第1期生です。
読解に必要な論理力を徹底的に叩き込む、ハードな内容の学習に取り組み続けて10ヶ月。

家で予習をして、教室で 「論理的に考えて解く」 訓練を繰り返しています。

国語は暗記科目ではないので、努力の成果がすぐにあらわれるものではありません。

でも、あきらめたり投げ出したりせず、ひたすらやり続ける。

この教室に来てくれる子たちは、他の教科に比べて国語の成績が良くないという悩みを抱えていましたが、


今では


   国語の成績が全体の足を引っ張らなくなった。

   国語が一番得意だから、国語で点数をかせがなくては。


という言葉を口にするようになりました。

本人たちが成果を実感できて本当に良かった。


でも、誰もが魔法のように国語ができるようになるわけではありません。

何かが変わったと思えるようになるまでにかかる時間は、人によって違います。

  やり始めた時の基礎学力
  その後の取り組み方
  受講態度・集中力
  欠席頻度!

いろんな要素が混ざり合って結果となりますが、
たいていは、真面目に2〜3年間取り組めば、偏差値や成績が徐々に上がり始めます。

極端に国語が苦手だった場合は、もっと時間がかかるかもしれません。

逆に、もともと基礎学力のある子はテクニックを吸収する能力に長けており
1年未満で要領よく問題を解けるようになります。

目標レベルによっても達成感は違ってきます。
偏差値を10以上上げるには、かなりの年数と努力を必要とします。
もともと論理的に読めている子の成績を上げるためには、
知識と教養をさらに身につけなければならないので、人間的な成長が要となります。

いずれにしても、単発的に点を取らせることは可能でも、
(範囲の決まっている 学校の定期試験なら、それほど難しくはありません)
継続的に、本当の実力として国語力を自分のものにするには、時間と努力が不可欠です。


頑張っている姿を見ると、いつも思います。
なんとか結果に結びついてほしい。
時間がかかっても、あきらめないで欲しい。
結果の出ないうちに あきらめてしまったらもったいない。

国語を教えて、読解力を身につけて、それを実感してもらうことはもちろん、
励まし続け、努力すること、継続することの大切さを伝えるのも私の仕事です。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ
ポチッと応援していただけると嬉しいです♪


こちらはアトリエのホームページ。のぞいてみてね!l
homepagebバナー









2015.01.28

◆中学受験サクラサク

先週末の中学受験の結果が
昨日から今日の午前中にかけて
各ご家庭に届けられています。

国語教室の生徒さんからも
嬉しい報告が次々と届きました。

まずはすべり止め校の合格を勝ち取り一安心。

このままの勢いで
今週末の本番に向けて臨んでほしいです。


中学受験を考えている子は
たいてい 4年生から塾に通い始めます。

算数 理科 社会なら
頑張った分だけ結果に反映されやすい。
この3科目なら そこそこの偏差値がとれている。
なのに、国語の成績が!

平均点すらとれない〜
国語が足をひっぱる〜
安定しない〜

悩みは人それぞれですが、

国語がもう少しできるようになれば!

という思いは共通しています。


今年の受験生たちも、ギリギリまで頑張りました。
直前に過去問講座で出題傾向をつかみ
時間配分の感覚も身につけました。

もちろん、そこに至るまでに
ひたすら論理力を磨く基礎訓練をし、
その上に、読解力をのっけるようにしています。

🌸

国語教室では、4月からの生徒さんを募集中。
受講希望曜日のアンケートも集まり始めています。

新5年生と新中受クラスは、4月からは月曜日に開講予定。
火曜日にも新5年生クラスが決まりそうです。

残りの枠を他の学年に配分します。
みんなの都合が合致して、うまくグルーピング
できると良いのですが。
ご希望に添えない場合は、本当に申し訳ありません…。

少しでも国語に対する苦手意識がなくなり…
いえ、国語は得意!
と思える子供たちが たくさん巣立っていってくれたら
こんなに嬉しいことはありません♪



にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ
クリックで応援お願いします♪


こちらはアトリエのホームページ。のぞいてみてね!l
homepagebバナー







2015.01.16

◆ママであることをキャリアに・その2

自分の子どもはすでに中高生。
なのに、今さら育児?コーチング?
と思われるかもしれませんが、
教室の生徒さんたちも
我が子のように大切で、かわいいなーと思うのです。


住宅街にひっそりとある
こんな小さな教室を見つけてくださり、
大切な大切なお子さんをあずけてくださる。

なにかのご縁がなければ、こんな出会いは起こりえません!

暑い日、寒い日、
歩きや自転車で通ってくれる子どもたち。
忙しい中、送迎をしてくださる
お母さま方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。


国語を教え始めてからは、受験や学習面全般について
相談を受けることも多くなりました。

自分も我が子たちも、欠点だらけで立派な人間ではないけれど。

だからこそ、ママ達の悩みや心配事は
手に取るようにわかります。同じ目線でつかめます。

だって、ついこのあいだ私が抱えていた不安と
まったく同じものだから。

そもそも、国語に関して言えば
娘の国語力のなさに驚いて、怖くなって
なんとかしなければと焦りまくって
一から教え始めたのですから。

受験だって、結果的に志望校に通えているから、
周囲からは 何の苦労もなかったでしょう?
と言われたりするけれど。

決して順風満帆だったわけじゃない。
悩みもなく過ごしたのなら、
こんなことを話題にするはずもないし、
育児や学習に関して、こんなに調べたり考えたりしなかったはず。


偏差値に一喜一憂し、
子ども相手にイヤミや皮肉を言って
泣かせたことも何度か。


だから、自戒の念も込めて今の仕事をしています。


相談を受けた時には、自分のわかる範囲で
そのとき考えられることを精一杯伝えています。

でも、もっといろんな考え方にも触れてみたい。
世のママたちの経験のいっぱい詰まった
ノウハウを知りたい。

そんな思いからも、コーチングを学ぶことにいたしました。


誰かの役に立ちたい。
誰かを笑顔にしたい。
という思いはずっと変わらず、

「教える」という仕事も、教えるための準備や努力も
楽しくて仕方がないので、
今となっては 「これが天職なんだなぁ」と心底思います。


来週土曜日に、
人生初の中学受験に挑む子供たちがたくさんいます。

どうか自分を信じて、力を出し切ってほしいと思います。


あー、数年前の娘たちの中学受験を
思い出すと胃がキリキリ痛みます。

筆記用具一式を忘れた長女。
緊張のあまり、顔面蒼白でロウ人形のようになった次女。

お母様方の恐怖、わかります。
不安に押しつぶされそうになったらいつでも電話してください。

受験当日から合格発表までのわずか数日で
2キロ痩せられることは、確実です σ^_^;




にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ
クリックで応援お願いします♪


こちらはアトリエのホームページ。のぞいてみてね!
homepagebバナー





2015.01.12

◆ママであることをキャリアに・その1


新卒で入社した会社は外資系。

1年間みっちり研修を受けてSEになりました。

先輩SEさんにサポートしてもらいつつ

数年かけてやっと仕事を覚えました。



退職して

アトリエミルン を立ち上げて20年。


お花も押し花もトールペイントも

資格を取り、アシスタントを経て

準備万端で教室をスタート。


国語だって、我が子を練習台に

あれこれ改良を重ねて

コレだ!と思える手法で

授業を進めています。


子どもが生まれてからは

教室の「先生」だけでなく

「お母さん」の役割もこなしつつ

16年が過ぎました。


ところで、

お母さんになるための準備は?

勉強は?研修は?リハーサルは?


そんなもの ありません。

いきなり、本番スタートです。


もちろん母をはじめ、

多くの先輩ママたちの体験談やアドバイス

はいただきました。


でも、なんというか、

イメージとしては

おなかに命が宿ったその時から、

自分ひとりの体ではなくなり

いきなりお母さんになるのです。


生まれた後はもっと大変。

眠っていると息をしているか心配になり

起きていれば、泣き声にオロオロし

動き出せば、転んで頭を打たないかと目が離せず。


授乳だ、オムツだ、離乳食だ。

夜泣きも人見知りもあったっけ。

声掛けに、読み聞かせに、公園デビュー。

幼稚園や習い事の送り迎え。

小学生の時はPTA役員。

中学受験の時のお弁当作りや学習管理。


喜びや幸せを感じられるのも

確かだけれど。


子供の成長とともに、


体力よりも精神的な疲労感の

比重が高くなっていく感じです。


娘たちが中高生になった今だって

まるっきりほったらかしに

しているわけではありません。

面と向かって口に出して言わない

(ように努めている)

だけで、

スマホとの付き合い方

お小遣い、生活態度、学習面

いろんなことに気は配っています。


ドアの隙間からそっと覗く家政婦のように。


自立&自律したオトナになって欲しいと

祈るような思いで。




そして、ふと 思いました。

考えてみれば、

「仕事」と同じくらい

「母親であること」に

時間と心と体力を費やしてきたぞ。


企業にこれくらい勤めていれば

課長か部長職についていてもおかしくない。


世の中のお母さんたちの経験と知恵を

もっと活かせたらいいのに!!


と、思っていたら

ありました。そんな私にぴったりの講座が。





201501


さっそく申し込んで、第一回目の講座を

受講してきました♪



にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ
クリックで応援お願いします♪


こちらはアトリエのホームページ。のぞいてみてね!
homepagebバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。